• 香山由人

次の50年に向けて


北アルプスを望む長野県北安曇郡松川村、扇状地の代表として教科書にも載っている神戸原。

松枯れがすすみ、全滅するまえに少しでも活かそうということで伐採。

こんなに平らで条件のいいところですから、もう一度林業をしっかりやりたい、

そう考えて、ヒノキとカラマツを植えています。これから下刈りや除伐を経て、

最初の間伐まで20年、製材用の材を収穫するまでには50年ほどかかります。


67回の閲覧
お問い合わせフォーム
58442995_1089303311253004_29354991777459
Bahnhaus 信州カラマツの家
DSC_1123
DSC_1174
DSC_0052
A&Fさん①

Copyright © SOMAMICHI. All Rights Reserved