Contact Us

Copyright © SOMAMICHI. All Rights Reserved

ご近所の木を切ってきて家をつくるプロジェクト①

 

neighborhood 【néibərhùd】

1.近所、近隣、自宅周辺
2.近所の人、近隣住民
3.そば、近く、付近
4.〔ある特定の特色を有する〕地区、地域、区域

 

 

 

neighborhood+wood=neighborwood
近くの木を「自分で」切ってきて、家に使ってみる。
ネイバーフッドならぬ、「ネイバーウッド」プロジェクトを進めています!

 

 

 

例えば、国産材利用。
外国から木材を輸送する時に排出されるCO2が…と言われれば、理論としては理解できる。
国産ではあっても遠方から来た材よりは、もっと近くの「県産材」を…というのも、理解できる。
でもその「県産材」という言葉は、今窓から見える山と、つながっている?
補助金がもらえるから使う「県産材」は、何かを動かすちからになりうるのだろうか?

頭で考えた地産地消ではなくて、実感からはじめたい。

だから、山から「自分で」木を切ってきませんか。
わざわざ山まで行って、自分が斧を入れる。
顔の見える人が、山から出してきて製材してくれる。
匿名の「地域」ではなくて、あの木、あの山、あの人。
山との関係を、固有名詞でつくってみたいと思うのです。

 

 

 

 

あの山に生えていた木を、自分たちの手で切って、それが柱になって、床になって、これからのくらしを共にしてくれる。
小さいけれど、たしかな実感。
そんな木との関係を、つくってみたいと思うのです。

 

 

 

 

素人が山で切れるのは、せいぜい1・2本かもしれない。
でも、固有名詞でつながれば、背景でしかなかった山が、意味を持つものになる。
あの山には、どんな木が生えているんだろう。
あの山には、どんな実が落ちているんだろう。
そうか、木は、山の価値のごく一部にすぎないのかもしれないー。

 

 

 

 

 

だからまず、一本を切りにわざわざ山に行ってみたい。
そんな、Neighborwood projectです。

 

ネイバーウッドプロジェクトということで、

「Landschaftが自宅の木を、山から切ってくる!」が始動しています。

続編のご報告も、お楽しみに!

 

 

Landschaft 2017年12月14日のブログより抜粋

http://landschaft.jp/2017/12/14/neighborwood%EF%BC%8D%E3%81%94%E8%BF%91%E6%89%80%E3%81%AE%E6%9C%A8%E3%82%92%E5%88%87%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%A6%E5%AE%B6%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%86pj%E3%80%81%E3%81%AF%E3%81%98/

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

伐採予定現場を視察

November 15, 2019

松本市街地で11/3 市民祭

November 8, 2019

1/15
Please reload

You Might Also Like: