Contact Us

Copyright © SOMAMICHI. All Rights Reserved

1/8

ソマのミチから、始める暮らし。

2019.11.30 

ソマミチツアー2019 -Getting into the forest-

ソマミチ理事の案内で ともに歩く、美しさの多様な森

​イベント情報はFacebookをチェック!
https://www.facebook.com/somamichi/

最新ブログ

November 25, 2019

最近はずっとキッチンのデザインをしています。新築住宅、リフォーム住宅、モデルルーム、宿泊施設などなど場所はさまざまで、毎回設計は異なってくるのは当然なんだけれど。

やはり国産材、地域の材料をつかうというのは僕の場合はとても大切で、適した場所にそれらの材が使われていくことが肝心なので次第に「基本のデザイン」みたいなものができあがり始めています。ワークトップの素材、閉じるところへあてがう幕板、キャビネットやオープンスペースの構成。クッカーやビルトイン家電などの種類を含めたらいろいろな要素があるキッチン。その基本があって、応用ができるように...

ソマミチの海っぺり担当の山本です。 宮坂さんの素晴らしい山の写真を見せていただいたので、今朝の鎌倉の様子です。 海沿いの134号線は、ほぼ毎日バイクで走る生活道路で、ここ稲村が崎公園から腰越にかけて江ノ電と並走する気持ちの良い道路です。

今年の秋は暖かく感じますが、ようやく常念岳が雪化粧しました。

いよいよ信州は冬の到来です。

さて、10月末日に山仕事創造舎さんが12月と来年3月に伐採するカラマツ林に視察に行きました。

理由は山仕事創造舎の新拠点施設に使用するカラマツの状況を確認するためです。

製材、乾燥、加工を担当する林友ハウス工業の竹腰さん、新拠点施設プロジェクトメンバーの皆様と意見交換を行いました。

また、ソマミチサポーターであり、いつもソマミチの活動を応援していただいている、なな喜建築設計室の久野奈穂子さんにも木構造でご協力いただきます。

ソマのミチから、始める建物造り...

Please reload

SHARE FOREST

ソマミチサポーター

C O N C E P T

抗わず、美しく、潔く。

そんな姿を目指して、山に入り、木と生きる。

そのために、木を使う社会の仕組みを作ること。

いつも「山が基準」が私たちのキーワードです。

豊かな水と森に包まれた信州松本を拠点に、

”ソマの道から、始める暮らし。”を描きます。 

ソマの道から、始める暮らし。

 

 

山に入り、木と生きる。
杣道(ソマミチ)とは、何世代にもわたって林業者たちが通う道の事です。

この山道を歩きながら現代の社会を見つめていると
人はもっと山に寄りそって暮らした方が良いのではないかと感じることがあります。

手間や時間がかかっても、山の恵みを大切に受けとって暮らすことが
永く続く、本当の幸せにつながるのかもしれない。
そう考えた

林業、木材、加工、建築、まちづくり、各プロフェッショナルが集まって、
私たち「ソマミチ」の活動は始まりました。


かつて苗を背負った先人たちが山へ向かった杣道を、
今度は立派に育った木材が、町へ、暮らしへと向かい、

木を使う社会の仕組みづくりを目指します。

 somamichi 一般社団法人ソマミチ 

M  E  M  B  E  R

Corporate   supporters

191130_ソマミチツアー.jpg