Contact Us

Copyright © SOMAMICHI. All Rights Reserved

ここから育つ

July 6, 2019

 芽生えて2年目のカラマツ。

 

送電線工事で土がすっかり削り取られた跡に、すぐとなりの今年で齢98年になるカラマツの大樹から種が落ち、去年の今頃たくさん芽吹きました。

 

他の木や草ががほとんど生えない、砂漠のような土のうえで、炎天下をすごし、寒風にさらされ、雪に埋もれ、やっと春を向かえて新たな芽を出し、のびはじめました。

 

一年の間に落ち葉が少し土を覆うようになり、今年はいろんな草も芽吹くことでしょう。

 

小さいけれど、しっかり枝を広げ、全身に陽光を受けて空へ向かってのびてゆく。

 

これから、どんな木になるのだろう。

 

ここで森をつくる。いっしょに育つ人々とともに。

 

(大町市、荒山林業地にて撮影)

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

伐採予定現場を視察

November 15, 2019

松本市街地で11/3 市民祭

November 8, 2019

1/15
Please reload

You Might Also Like: