Contact Us

Copyright © SOMAMICHI. All Rights Reserved

樹木班・山班の仕事風景

March 14, 2019

いつも、イベントばかりでやなりん仕事してますかと、思われているかもしれませんので、

ここでひとつ、我々が樹木班・山班と呼んでいる仕事風景を、比べながらご紹介してみたいと思います!

 

【樹木班の仕事風景】

これは、安曇野市穂高にあります、木が林立する別荘地、
別荘周りの木の伐採依頼。

 


そんなに人が目にする、お仕事ではありませんが、
作業は、いつも危険と隣り合わせ、
ちょっとした枝が、身体に掠るだけでも、怪我になり、
木そのものが、当たりますと、大怪我どころか、命すら、
だから、いつも緊張感をもって、地道に作業してます。

 

 

人、重機、建物、電線、道路、周りの状況に配慮しての作業。

作業は、広いところばかりではございません。

 

伐った木も、利用できるものばかりでなく、枝葉などは、処理してくださる所へ、運んで行きます。

こうして人知れず、みんな毎日奮闘しております。

 

 

 

【山班の仕事風景】

続きまして、山班のお仕事。
樹木班は、半日から数週と、比較的工期が短い事が多いのですが、
山班は、作業範囲が広大で、1ヶ月から半年、年単位でお仕事を請け負う事が多いものなのです。
そして、作業現場は、樹木班と同じく危険を、伴います。

 

左端に、人がおります。

基本ひとつの現場で、2、3人から5、6人でチームを組んで、行動します。
怪我をしない、怪我をさせないをモットーに作業を進めて行きます。

森の中、山、木と向き合っていると、人間ってなんてちっぽけな存在なんだろうと、
感じられることが、多々ありますね。

決められた寸法に、カット

 

 

 


そして、ゴミ拾いも仕事の内、

現場から持ち帰った、ゴミたち

 

 

やなりんの経営理念、行動指針の中にもございます。
”誇り高く働き、地域の美しい山づくりに貢献します。”
”効率よりも山を美しくする、木を活かす丁寧な仕事を優先し、来たときよりも、美しく現場を終えます。”

誰もが、生きとして生けるものたちが、気持ちよく元気に過ごせるような山が、沢山出来ますように。

 

ありがとう、力持ちで心優しき林業男子、林業女子たち。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

キッチンの制作

November 25, 2019

湘南からの海便り

November 21, 2019

1/15
Please reload

You Might Also Like: