• 香山由人

ここから育つ

最終更新: 1月25日


芽生えて2年目のカラマツ。

送電線工事で土がすっかり削り取られた跡に、すぐとなりの今年で齢98年になるカラマツの大樹から種が落ち、去年の今頃たくさん芽吹きました。

他の木や草ががほとんど生えない、砂漠のような土のうえで、炎天下をすごし、寒風にさらされ、雪に埋もれ、やっと春を向かえて新たな芽を出し、のびはじめました。

一年の間に落ち葉が少し土を覆うようになり、今年はいろんな草も芽吹くことでしょう。

小さいけれど、しっかり枝を広げ、全身に陽光を受けて空へ向かってのびてゆく。

これから、どんな木になるのだろう。

ここで森をつくる。いっしょに育つ人々とともに。

(大町市、荒山林業地にて撮影)


30回の閲覧
お問い合わせフォーム
58442995_1089303311253004_29354991777459
Bahnhaus 信州カラマツの家
DSC_1123
DSC_1174
DSC_0052
A&Fさん①

Copyright © SOMAMICHI. All Rights Reserved